メトクロプラミド 副作用。 メトクロプラミドの副作用を分かりやすく!作用機序も簡単に

2, 2017 参考文献 ( )エビデンスレベル 1) Warr D. カルボプラチン療法においては急性・遅発期にかけて高度リスクの抗がん薬に準じた制吐療法を行うことをグレードBとして推奨した。 抗剤投与時の腹部膨満感• プリンペラン(一般名: メトクロプラミド)と ナウゼリン(一般名: ドンペリドン)。 発熱時の小児 0歳〜14歳• Int J Clin Oncol. ラムシルマブ• アカシジア(足がむずむずしてじっとしていられなくなる) などがあります。

Next

メトクロプラミド(商品名:プリンペラン)の特徴 胃や十二指腸に作用するだけでなく、プリンペラン(一般名:メトクロプラミド)は脳に対しても作用します。 過剰投与になると錐体外路障害などの副作用が表れやすくなるため、小児では投与量に注意が必要です。

Next

リツキシマブ• 第1世代は古いお薬であり、近年では用いられていません。

Next

D 2受容体はアセチルコリンの分泌を抑えるように働きます。

Next

悪性腹水• ペグインターフェロン• プリンペラン(一般名:メトクロプラミド)の副作用 それでは、プリンペラン(一般名:メトクロプラミド)にはどのような副作用があるのでしょうか。

Next

ルキソリチニブ• ペメトレキセド• 気管内挿管時の腹部膨満感• プリンペランは古いお薬になりますが、今でも広く用いられています。 4% 内分泌系副作用 (乳汁分泌、女性化乳房など) 0. の消化器機能異常• プリンペランを服用しての妊娠継続は問題ないため、ピルなどを服用して避妊する必要もありません。

Next