県立 高校 学費。 愛媛で学費の安い、おすすめ通信制高校をまとめました【公立・私立】|通信制高校選びの教科書

申請には「保護者等」(原則として生徒の親権者になります。 授業料:年額118,800円(3年間で356,400円) 納付時期:9月12日、12月12日の2回に分けて納付(それぞれ年額の半分ずつ) 入学検定料:2200円 入学料:5650円 3年間合計:364,250円 これが全ての費用というわけではなく、教科書代や制服代などその他にもけっこうお金がかかります。

Next

3 「課税証明書」 市区町村の住民税の窓口で発行されます。 この場合、就学支援金+私立補助金をもらった方が15,200円お得ですね。 神奈川県の補助である 私立学校生徒学費緊急支援補助金とは併用できない 就学支援金と併用できるので、積極的に利用していきたいですね。

(1)高等学校の授業料と就学支援金 高等学校の授業料は、三重県立高等学校条例の規定により、徴収することが原則となっています。 減免対象 (1 授業料• 修学旅行や球技大会、遠足、ボランティア活動など毎月様々な学校行事を開催していて、友達ができる機会もたくさんあるので楽しい学校生活を送ることができるでしょう。 調べた結果、ほとんどの人は申請すれば12万円もらえそうだということがわかったので、自分がその対象に当たるかどうか確認してみてください。

ただし、専門性を活かせたり個性を活かせる環境が大きいかわりに、学費が年間約25万円〜となり公立の通信制高校と比べると学費は高くなります。 というのはみかんの中学校でも積立金の支払いが中2までで、中3ではなかったので。 県立高校に在学する生徒は、原則として下記のとおり授業料を納入する必要があります。

Next

詳しくは下記の文部科学省のホームページをご覧ください。 まず家庭の状況に応じて学校が授業料を減免し、その後、学校が神奈川県に補助金を申請し受給する形ですね。

のページへ のページへ(高等学校等就学支援金を受けられない方のみ対象) 入学料・授業料以外の教育費(修学旅行の積立金・教材費など) 入学料・授業料以外の教育費について 高校に通う上で、入学料・授業料以外にもさまざまな費用がかかります。

Next

就学支援金のみ• スポーツで将来活躍したい人にとっては、オリンピック選手や実業団選手などのレベルの高い選手たちとともに練習できる機会は魅力的だといえるでしょう。

Next

実際にはここに掲載されている項目以外のこまごましたものの費用もかかるかと思います。

Next