Nhk アメリカ 大統領 選挙。 混とん アメリカ大統領選挙の行方

人種間の差別や貧困問題、これは防衛の問題もそうですけれども、法律と秩序、あるいは平等ということではなくて、一緒にどういうふうに解決できるか。 「自分の考えや打ち合わせ内容をその場で図解する。 ジョーダン・ウェーバーさん 「誰がどう言おうと、バイデン候補のほうが少しは事態を改善できると思うのです。

Next

議会上院は残り4議席の結果次第で、どちらが多数派になるか、まだわかりません。 米国の治安は日増しに悪化しています。 トランプ大統領は、選挙に不正があったと訴え、引き続き争う姿勢を示していますが、バイデン氏が過半数の選挙人を獲得したことで、結果が覆る可能性は事実上、なくなったと見られています。

トランプ政権4年の信が問われた今回の選挙。 これまで、トランプ陣営は激戦州を中心に、郵便投票の集計の一部を無効にすることなどを求める裁判を相次いで起こしますが、その多くは「根拠が乏しい」などとして退けられています。

Next

言葉が明らかに現実に追いついていないのです。 ですから、そういう不安というのは今非常に大きいと思いますよ。 選挙前夜のメディア予想では、バイデン候補がを7ポイント以上引き離して、有利とみられています。

Next

実現したら女性初となる。 バイデン陣営は、すでに政権移行チームを立ち上げて、主要な人事に着手していますが、その中で、女性や若手、マイノリティーを積極的に登用するとしています。 われわれは、お金も、仕事も、失いました。

産業政策と関連して、少しパリ協定について議論されるぐらいで、ほとんど世界というものがアメリカの政策論争というものから無くなってしまったという、そこにも一つ、今回の大統領選挙の特徴があったというふうに思っています。

そのあととしては、もうアメリカ時間の今ごろから郵便投票が次々と集計されていくと思いますけれども、この中西部のラストベルトでは、若干、郵便投票が今週末、あるいは来週以降まで長引くかもしれない。 例えばツイッターに投稿された、バイデン氏が「ジョージ」という名前を繰り返し口にしている動画は、トランプ氏のことをジョージ・ブッシュ元大統領と呼び間違えたかのように見せています。

Next