Zoom 録画 共有。 Zoomで録画したオンライン講演の動画を配信する方法

Web会議が始まると、メニューの中にレコーディングの項目が表示されます。

参加者への共有方法 クラウドレコーディングで録画したデータであれば、保存先のURLを通知するだけで共有が完了します。 例えば目線やペース配分など自分自身で自分自身の行動を見ることによってだめな部分を次訂正しようと言うようなことができ、新たな自分を作っていくために大切なことなのでしっかり確認しておきましょう。 jp)でログインします.• 録画機能を活用することでWeb会議の模様を動画で保存することができ、参加できなかった人でも内容をしっかりと把握できたり、議事録を作成する手間を省くことができます。

Next

Zoomの録画機能の使い方 ここまで、Zoomでの録画データの保存とクラウドレコーディングのメリットを紹介してきました。 20 2020. Zoomでそのまま動画編集はできる? 録画したデータは、ブラウザ上での再生・ダウンロードが可能だが、編集には動画編集ソフトを使う必要がある。

次章では2~4のそれぞれの特徴やメリット、配信方法を詳しく解説していきます。 (時期によって先行案内中のこともあります) からご覧ください。

Next

また、研修は何度も社員を参加させることが難しいというケースもあります。

Next

本記事では、その中でも特に役立つ機能「録画・録音」の使い方について紹介する。 Proとビジネスプランの1GBのクラウド容量では、長時間のミーティングは録画できません。 パソコンに保存(ローカル保存)する際に発生するエンコーディング(変換処理)の時間を短縮できる• 複数の参加者が同時に画面共有をできるようにするには、画面を共有の右横の矢印から「複数の参加者が同時に共有可能」をクリックする必要があります。