シベリウス ヴァイオリン 協奏曲。 シベリウス(協奏曲): ハルくんの音楽日記

チョン・キョンファ チョン・キョンファのシベリウスの「ヴァイオリン協奏曲」は、多くのファンに愛聴盤として長年支持されています。 2015年6月21日閲覧。 2011年からはフィンランドでは彼の誕生日である12月8日を旗の日として祝っており、この日は「フィンランド音楽の日」としても知られている。

彼女ならではのチャイコフスキーになることでしょう。

London: Faber and Faber. カップリング: シベリウス 交響曲第1番(サラステ フィンランド放送響 93年) シベリウス ヴァイオリン協奏曲 1楽章 ぴーんっと張ったヴァイオリンの音色で、高いところ、低いところの音程が安定してて、ゆったりとしたテンポで始まる。 先ほどご紹介した諏訪内晶子の盤と同様に美しく端正な演奏ですが、より若々しく瑞々しい印象を受けます。

Next

世界中の主要オーケストラへソリストとして客演する他、ソロ、室内楽でも活躍されています。 改訂版は1900年7月に初演されている。 すると晶子は・・・愛人??(笑) オラモの指揮については、諏訪内盤のときの演奏と違って、もっと優しく包み込むような演奏に終始しています。

Next

副楽節は、短調に転じた舞曲風のリズミックな主題で、次いでロンド部、副楽節部と展開しながら反復し、華麗に盛り上がるもの。

Next

また3楽章ではリズムや表情に僅かですが妙なクセが感じられます。

Next