アメリカ インフルエンザ 2019。 インフルエンザ対策、海外と日本の違いについて探ってみた。

インフルエンザは今も猛威を振るっており、感染者数はさらに増える見通しだ。 そこで、司会者が「『スペイン 風 邪』と言っては、スペインの人がかわいそう。

CDCが今週まとめた報告書によれば、インフルエンザはほぼ全地域に拡大し、48州とプエルトリコで猛威を振るっている。 — エイコ eikomo 全米で1500万人が感染、死者8千人超 過小評価されがちなインフルエンザの脅威 より アメリカだからあまり報道しないの? — ケンシロウ T2rv594hAB2v8Uc 卒業旅行や春休みシーズンを控える今、「毎年多いから」「未知のウイルスではないから」ではなく、偏りのない報道をしてほしいものですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。 (2)CDCは,インフルエンザとその潜在的に深刻な合併症を予防するための最初の最も重要なステップとして,毎年インフルエンザワクチンを接種することを推奨しており,その他にも次のような毎日の予防策を推奨しています。 46人」に次いで少ない。

Next

されるか以下のバナーからご登録できます。

Next

さらに、中国で発生したというのもマスメディアにとっては叩きやすい材料なのかなというのも思います。 ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。

Next

臨床診断だけでなくインフルエンザの型も一定の割合で調べられている また前述の記事では、 「2600万人のインフルエンザ患者」という統計の大部分は、症状のみで判断されている。 2019年9月29日-2020年2月1日の米国のインフルエンザの分布 ・インフルエンザA 40. 7% ・インフルエンザB 59. ティッシュはゴミ箱に捨てて,手を洗う。

Next

Canberra, Australia: Australian Government Department of Health; 2016. アメリカでインフルエンザ死者1万人超えと話題なので米国CDCのインフルエンザ統計ページを紹介します。 日本人は政府から強制されないと行動できない人が多いみたいで情けないね。

Next

そして今シーズンは、報道によれば、これらのデータをすべて超えていく患者数、そして死者数になる可能性があるということになっています。 「私たちは未知のものを恐れ、新しい新興の感染症についての情報を求める」「何が真の脅威で、何がそうでないのか、私たちはすぐには判断できない。