温暖 化 ガス。 「温暖化ガス排出食」の王者は牛肉、畜産分野の約80% 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

com /Alex Mustard/Debra Garside/WWF IUCN(国際自然保護連合:International Union for Conservation of Nature and National Resources)の「レッドリスト(絶滅のおそれのある種のリスト)」(2017年)によると、地球温暖化が原因の一つとなって絶滅の危機に瀕している 野生生物は、ホッキョクグマなどをはじめ、1,750種以上にのぼります。 エネルギーの低炭素化には、このような、CO2排出量ゼロ(ゼロ・エミッション)である「非化石燃料(非化石エネルギー)」の導入拡大が求められます。 その他、国連気候変動枠組条約と京都議定書で扱われている温室効果ガスとその特徴が『』に記載されていますので、引用しておきます。

Next

京都議定書でもその目標が定められたように、各国の温室効果ガス排出量は環境に関する議論の場でたびたび注目されますが、その計算において以下のように使用されます。

Next

経団連の中西宏明会長は「英断であり、高く評価する」とのコメントを発表しました。 天然ガスの主成分で、人間のおならや草食動物のげっぷにも含まれているありふれたガスです。

Next

ただ、経済産業省が進める非効率な旧式石炭火力の休廃止で不足する代替電源をどうするかについては、3日間にわたった衆参両院の代表質問で「再エネのみならず、あらゆる選択肢を追求していく」と繰り返し、明言を避けました。

Next

こうした動きにも配慮し、国として脱炭素にさらに一歩踏み出すべきと判断したもようです。

Next

エネルギー転換部門 発電、石油精製(原油から重油・ガソリンなどを精製する過程) 産業部門 製造業(鉄鋼、化学、機械など)、農林水産業、建設業など 運輸部門 自動車、鉄道、航空など 業務部門 オフィスビル、店舗など 家庭部門 電力、暖房など 工業プロセス部門 セメント、化学産業(化学肥料の原料の生産にも使われるアンモニア等の化学物質の製造ほか)など 廃棄物部門 廃棄物の燃焼、埋め立てなど もう吸収できません!? 1970年から2010年までの40年間に、世界で排出された温室効果ガスの総量は、実に80%近くも増加。 乾燥地域においては、土壌水分が減少することで、干ばつに見舞われる農地が増加する可能性が高いとされています。 e-Gov法令検索. 石炭や石油などの化石燃料を燃やし、たくさんのエネルギーを得るようになった結果、大気中の二酸化炭素が急速に増加。

Next

世界のすべての化石エネルギーが非化石エネルギーに置き換わるまでには、ある程度の時間がかかることが見込まれます。 また、熱帯などの伝染病を媒介する生物の分布域が変わることで、免疫をもたない人々に病気が広がり、被害が拡大するおそれがあります。

Next

5度に抑える努力目標を掲げましたが、政府がこの目標に目を向け始めたと受け止めているのです。 気象庁• 5%(14億3900万t)、日本が3. 高潮や沿岸部の洪水、海面上昇による健康障害や生計崩壊のリスク• 例えば牛肉1キロの生産過程で排出されるCO2は重さ16キロ相当で、同じ1キロの豚肉生産の4倍、鶏肉に比べれば10倍以上だという。

Next