ハーレー インジェクション チューニング。 ノーマルハーレーでも必須!?インジェクションチューニング

アイドリング付近をチューニングしている場合は、不合格の可能性があるので確認が必要です。 よく見かけるパワーグラフ(ダイノグラフ)。

Next

排吸気パーツを変えるとより空気が多い状態になりエンジンに負担がかかります。 フラッシュチューニングについては、詳細な記事がありますので、こちらの、も読んでみてください。

Next

FatBobS様 パワーカムかトルクカムにするか?! トルクカムは低速域だけでなく全域パワーアップしてますね。

Next

DirectLink Flash Tuner を取り扱っているEFIチューニングプロショップの一覧です。 燃調(EFIチューニング)を行えば、より多くの空気と燃料を完全燃焼できる為、パワーやトルクが上がり、燃費もよくなる。 ナローバンドとワイドバンドO2センサーでは、役割が違うということです。

Next

ということは、エンジンにトラブルが出ていても気付かないことになり、ワイドバンドセンサーにトラブルが出た場合、補正できなくなる上に、オープンループになるので、オープンループで走行する空燃比の設定が曖昧な数値だと、エンジンにダメージを与えてしまう場合もある為、便利ではありますがトラブルが分かりにくい事もあり、純正では使用することが出来ません。

Next

ダウンロードタイプでも数万円の費用はかかります。 走行中の各種設定には シビアなプログラムが必要です。 再チェック・アイドリング調整・その他 スポーツスターはノーマルでも低速のアクセルのつきがイマイチですが、マフラーを社外の製品に変更すると、その症状はさらに悪化します。

Next

こういった細かいセッティングにも対応しているのが、ソフトウェア会社らしいツインテックの特徴です。

Next

一概に社外マフラーだから抜けが良く性能がアップするとは言えません。 3.回転数を落とすときの注意点 まず知っておかなければならないのは、純正のセッティングはメーカーが100年以上かけて積み上げた経験と技術が織り込まれた結果ということです。 マフラーを変えることにより、本来のトルクが失われ低速時の操作性も悪化するケースも見受けられます。

Next