経営 競争 基盤。 経営共創基盤の10年【第2回 】IGPIが投資ファンドとは異なる投資主体である理由

コンサルファームの面接では志望理由は重視されないと思っている方もいるかもしれませんが、 経営共創基盤では志望理由の深掘りがされるので、しっかりと志望理由も準備しておきましょう。

Next

クライアントとの中長期の関係性を構築しながら具体的で効果のあるソリューションを提供できることが必要になります。

Next

このプロダクトのコストがいくらなのか。 このプロダクトがどういう価値をユーザーに提供するかによって(ユーザー視点の)競合商品が自ずと決まります。

Next

にはに就任した。 負債のレバレッジ等によって企業価値を上げて、キャッシュフローによる配当や株式売却によって投資リターンをつくり出します。 しっかりと自己分析を行い、ガクチカや志望動機、強み・弱みを深堀られても大丈夫なように準備しておきましょう。

Next

また、 経営共創基盤のコンサルティングのスタイルにも特徴があり、ハンズオンスタイルでクライアント企業とリスクを共有した長期間のコミットを伴うコンサルティングに携わることができる類まれなファームといわれている。 これのプライシングをどうしますか?説明してください。

71ビュー• 僕のバカな回答とかをそのまま載せるのでなかなか恥ずかしいですが、 これから受ける人は俺の屍を超えていけ!って感じです。

IGPIでは戦略立案だけでなく、ハンズオン(常駐協業)型の実行支援まで行うプロジェクトが多く、研修プログラムでは企業経営全般を通じて必要とされる知識・ノウハウを身に着けることを目的としています。 数年間のアソシエイトを経てハードスキル(業務知識)及びソフトスキル(クライアント・コミュニケーション等)が十分であると認められれば、マネジャー、ディレクターとプロモーションしていき、プロジェクトチームを率いる立場となっていきます。