宅 建 免除 講習。 宅建登録実務講習ならTAKKYOへ ベテラン講師による安心の宅建登録実務講習

実務に役立つ情報・資料が多い 宅建士が知っておくべき実務判例を学べます。 例えば、LEC東京リーガルマインドであれば講習は下記の流れになります。

Next

1 平成29年度 35 23,180 14. 50問中およそ31問〜37問(平成27年度〜30年度の合格基準点)に正解すれば合格となります。 ( )内は学習時間の目安です。 ですから、もしお勤めの宅地建物取引業者の勘違いで従業者証明書が発行されていない場合は、総務等を通じて従業者証明書の発行を請求するとよいでしょう。

Next

(無料) 住まい問題・相続・税金分野の専門家を揃えご相談に応じます。

Next

【宅建登録講座(5点免除)の流れ】 ・STEP1で申込完了後、 自宅へ教材が送付されてきます。 2日目の最後に「修了試験」を受けていただきます。 2日間のスクーリングがあるため、仕事を休むなど日程調整が必要。

お申込お待ちしてます。

Next

皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。

Next

この登録講習を受講して、講習後に行われる修了試験に合格すると、修了試験に合格した日から3年以内に実施される宅地建物取引士資格試験(宅建試験)において、問題の一部(問46~問50にあたる5問)が免除されます。

5点が加算されるので有利です。 宅建業に従事しており、従業者証明書の有している方ならば、登録講習を修了することで、本試験において5点の加算を受けることができるのです。 スクーリングは2日間連続で実施されます。

Next