親権 監護 権。 監護権とは子供のそばで世話をすること|親権との違いは何か|離婚弁護士ナビ

分かりやすくいえば、子に衣食住を与えるということでしょう。 (民法第818条第1項) 子供が未成年のうちは、就職していても親が親権を行使します。 つまり、親権は、第三者から、親権の行使を妨げられないという意味においては権利です。

Next

民法第824条(財産の管理及び代表) 親権を行う者は、子の財産を管理し、かつ、その財産に関する法律行為についてその子を代表する。 親権者の利益相反行為の相手方も、有効だと思っていた行為が、のちに無効となってしまうと多大な被害を受けます。

Next

その場合には、調停での話し合いに進んでいきます。 母親が再婚して子供と新しい夫を養子縁組しようとしても、財産管理権を持った元夫の同意が必要になります。 まとめ 今回は、親権と監護権を分けることを考えている方が、必ず知っておくべきことを取り上げました。

C君の財産がなくなったり傷ついたりしないようにしっかりと管理する権利(財産管理権。

民法上、未成年の子は、まだ一人前の社会人としての能力が備わっていないとみなされますから、 法律行為をするには親権者の許可が必要です(民法5条)。 しかし、父母が離婚してしまった場合、一方のみしか親権者になることができません。 そうすると、監護者を定めても監護権は親権者にあり、親権者が監護者に監護権を代行させているようにも捉えられますが、その場合、親権者は監護者の監護権行使に対する責任まで負わなくてはならず、実際には監護者が責任を負っているでしょう。

Next

また、親権者として法定代理権や財産管理権は有しますが、現実の生活でこれらの権利を実感できる機会は決して多くないでしょう。

Next