エホバ の 証人 輸血 拒否。 裁判例結果詳細

) [8] 四 原告は、平成4年7月28日、医科研で受診し、同年8月18日、医科研に入院し、同年9月14日、被告国との間で、原告の肝臓右葉付近に存する腫瘍の摘出手術(以下「本件手術」という。

現在では上記の判例を参考にして、 十分な説明と同意のもとに輸血を拒否するという患者の自己決定権を尊重するような流れがあるようです。

Next

種痘とは、天然痘の予防接種のことですが、協会は信者が「種痘」を受けることを、1931年から正式に禁止していました。 (原告の主張) [14] 平成4年9月14日、原告は、被告国との間で、本件手術を主たる治療内容とする診療契約を締結した。

Next

もう1つは、生命の危機や重篤な障害に至る危機がない限りにおいて輸血を拒否する立場(相対的無輸血)です。

Next

1 説明義務の存否 [16] 一 被控訴人医師らは、できる限り輸血しないこととするが、輸血以外に救命手段がない事態になった場合には輸血する治療方針、すなわち、相対的無輸血の治療方針を採用していながら、花子に対し、この治療方針の説明をしなかった。

Next

キリストもあくまで「神の子」でしかありません。 その際に、原告は、訴外Xから、被告Aがそれまでにエホバの証人の信者に対する手術を無輸血でしていると聞かされた。

Next

この事件では、自己決定権の生命、 身体の処分の権利として インフォームド・コンセントと 治療拒否の権利が争われました。

Next

誤解: エホバの証人は,信仰によって病気を治せると考えている。