ゼネラリスト スペシャリスト。 スペシャリストとジェネラリストのどちらを目指すべきでしょうか?

つまり、単なるスペシャリストでは不十分ということです。

Next

結果的に、「ゼネラリストでいくのか、スペシャリストになるのか」というこれまでの選択肢そのものが選択肢ではなくなり始めているというのが現在の実情です。 スペシャリストとゼネラリスト、お互いが対義語であるので2つの意味というのは全く反対の事になってしまうのです。 好きこそものの上手なれ。

スペシャリスト? 「転職を考えるなら、専門性の高いスペシャリストのほうが転職しやすいのでは? ちなみに、私のスペックは、•。

Next

しかし一方で、広く浅い知識だけでは 「その他大勢の理学療法士との差別化が図れない」 ということが起こってくる。 自分に得意分野があり、その能力を生かして仕事をしていきたい場合は、職種を限定して仕事探しをすると良いでしょう。 ゼネラリストを長くしているという人やゼネラリストになって会社に長くいるというような人は、最善の指示を出すことができるのではないかと思います。

Next

特にグループの上に立つ人間としては、部下とのコミュニケーションが取れなければ仕事を上手く進めることが出来ません。

Next

Master of Engineering(工学修士号)• 1人で何かに集中して取り組むスペシャリストとは正反対です。 やはり、ジェネラリストを基盤としたスペシャリストとして成長することこそが重要であろう。 その時に、「ゼネラリストとスペシャリスト、将来どちらがいいのだろう?」という悩みがでてくることも。

Next