長谷 堂 城 の 戦い。 戦国伝:最上義光

おめき叫て戦ひければ、さしも勇み進んたる寄手も。

Next

他サイトご利用の際にはご留意願います。

しかし、 この時、関ヶ原以外でも各地で激戦が繰り広げられていました。

そこで上杉氏は東軍に従う周辺の大名を攻めることになった。 それにともなって城もしだいに整備されていった。

Next

徳川方である最上義光と伊達政宗に対し、これ以上の戦いは無益と判断したのです。 しかし、規模は小さなものであり、これではあまりにも心もとない。 いずれにせよ、攻め手の上杉軍と、守城側であった長谷堂城の兵との間で兵数に開きがあったというのは確実だと思われ、最上方が寡兵で上杉軍の攻城を凌ぎきったというのは事実と考えても良さそうである。

Next

この水堀は、幅こそありませんが、長谷堂城を一周するように巡らされており、場所によっては2重になっていたようです。 一歩も引かない最上家臣団と上杉:直江兼続との死力を尽くした国防戦の始まりです。 もちろん、その方針はも承知しています。

典型的な分進合攻戦略である。 左隻が10月1日前後の様子。

Next