へきれき いっ せん ろ くれん。 へきれき いっ せん ろ くれん

あたりまえなら、一週間くらいで、犬神を追いだすのじゃが、今度は十日にして、はげしゅう、お前をいびるらしい」 「勝手にさせとけ」 土中に全身を埋めた犬に、永い間、餌をあたえずに置く。

Next

また、そのような体。 (きこうくほ)• 散財は後廻しにした。

Next

(あの、変なバクチ打ち奴、つまらんことをいいやがる。 (いちまつもよう)• しかれどもさらに精密にこれを観察せば兵の太陽はその光輝 燦爛 ( さんらん )たるがごとしといえども 夕暉 ( せきき )すでに斜めに西山に入らんとする絶望的のものにして、かの富の太陽は紅輪 杲々 ( こうこう )としてまさに半天に躍り上らんとする希望的のものなるを見るべし。

Next

(あさあめおんなのうでまくり)• (げいいんばしょく)• はたしてしからば欧亜の二大陸は千兵万馬の大運動をなす最好の戦場といわざるべからず。 しかしてかの帝王はなにがゆえにこれに自由の特許を与えたるか。 ) 036. (かいたんふけい)• おうじびょうぼう 0398 往事茫茫 おうじぼうぼう 0399 王政復古 おうせいふっこ 0400 枉尺直尋 おうせきちょくじん 0401 尩繊懦弱 おうせんだじゃく 0402 王道楽土 おうどうらくど 0403 横眉怒目 おうびどもく 0404 応病与薬 おうびょうよやく 0405 往返徒労 おうへんとろう 0406 枉法徇私 おうほうじゅんし 0407 甕牖縄枢 おうゆうじょうすう 0408 王楊盧駱 おうようろらく 0409 甕裡醯鶏 「裏」 おうりけいけい 0410 大盤振舞 『椀飯』 おおばんぶるまい 0411 大風呂敷 おおぶろしき 0412 岡目八目 おかめはちもく 0413 屋下架屋 おくかにおくをかす 0414 屋梁落月 おくりょうらくげつ 0415 恩威並行 おんいへいこう 0416 温厚篤実 おんこうとくじつ 0417 温故知新 おんこちしん 0418 温柔敦厚 おんじゅうとんこう 0419 恩讎分明 「讐」 おんしゅうぶんめい 0420 音信不通 おんしんふつう 0421 温凊定省 おんせいていせい 0422 怨憎会苦 おんぞうえく 0423 音吐朗朗 おんとろうろう 0424 乳母日傘 おんばひがさ 0425 厭離穢土 おんりえど 0426 温良恭倹 おんりょうきょうけん 0427 瑰意琦行 かいいきこう 0428 解衣推食 かいいすいしょく 0429 誨淫誨盗 かいいんかいとう 0430 改易蟄居 かいえきちっきょ 0431 海翁好鴎 「鷗」 かいおうこうおう 0432 海外奇談 かいがいきだん 0433 蓋瓦級甎 がいがきゅうせん 0434 改過自新 かいかじしん 0435 海闊天空 「濶」 かいかつてんくう 0436 蓋棺事定 がいかんじてい 0437 外寛内明 がいかんないめい 0438 開巻有益 かいかんゆうえき 0439 戒驕戒躁 かいきょうかいそう 0440 荷衣蕙帯 かいけいたい 0441 会稽之恥 かいけいのはじ 0442 改弦易轍 かいげんえきてつ 0443 開眼供養 かいげんくよう 0444 開源節流 かいげんせつりゅう 0445 開口一番 かいこういちばん 0446 解甲帰田 かいこうきでん 0447 外交辞令 がいこうじれい 0448 邂逅相遇 かいこうそうぐう 0449 外剛内柔 がいごうないじゅう 0450 回光返照 かいこうへんしょう 0451 解語之花 かいごのはな 0452 睚眥之怨 がいさいのうらみ 0453 開山祖師 かいざんそし 0454 回山倒海 かいざんとうかい 0455 海市蜃楼 かいししんろう 0456 亥豕之譌 がいしのか 0457 改邪帰正 かいじゃきせい 0458 膾炙人口 かいしゃじんこう 0459 鎧袖一触 がいしゅういっしょく 0460 外柔内剛 がいじゅうないごう 0461 開心見誠 かいしんけんせい 0462 回心転意 かいしんてんい 0463 海誓山盟 かいせいさんめい 0464 開宗明義 かいそうめいぎ 0465 咳唾成珠 がいだせいじゅ 0466 街談巷語 かいだんこうご 0467 街談巷説 がいだんこうせつ 0468 怪誕不経 かいたんふけい 0469 喙長三尺 かいちょうさんじゃく 0470 海底撈月 かいていろうげつ 0471 改天換地 かいてんかんち 0472 開天闢地 かいてんへきち 0473 誨盗誨淫 かいとうかいいん 0474 改頭換面 かいとうかんめん 0475 快刀乱麻 かいとうらんま 0476 快馬加鞭 かいばかべん 0477 磑風舂雨 がいふうしょうう 0478 開物成務 かいぶつせいむ 0479 懐宝夜行 かいほうやこう 0480 槐門棘路 かいもんきょくろ 0481 開門揖盗 かいもんゆうとう 0482 傀儡政権 かいらいせいけん 0483 怪力乱神 かいりょくらんしん 0484 偕老同穴 かいろうどうけつ 0485 薤露藁里 『蒿里』? 道標 (みちしるべ:道の方向などを示して書いたもの。

Next

(けいじつていこう)• 少なくて珍貴なもののたとえ。 - 以暴易暴 いぼうえきぼう 暴力でもって暴力を制すること。 吾人はかの戦争主義のためにこの意外の大敵に遭遇したることを悲しみ、平和主義のためにこの意外の勢力ある味方を得たることを祝せざるべからず。

けれども、また、別にマンの心の奥底に、奇体な力が生まれていた。 「一笑」は軽くにっこり笑うという意味。 ) 073. 40 6NeBQITyctWpSiUnhcVhmk8yFms はちれん! - 夷蛮戎狄 いばんじゅうてき 四方の未開人。

Next