蓋然性 と は。 「可能性」ではなく、「蓋然性(確率)」で議論しよう|形成外科医 金沢雄一郎|note

「可能性」とは、物事が実現する見込みのことを言います。 「 見込み」とほぼ同義。

Next

2 英語では possible と probable は区別される これは、高校生が持つような辞書にも次の通り載っていて、常識的らしいです。

このため、JCRでハイブリッド証券の資本性を評価する場合、それは債権者にとって好ましい上述 A 、 B の機能をどれだけ有するかを評価するものであり、そのために上述 i ~ iii の特徴を当該証券がどれだけ備えているか、下表に示す契約条項などを検討し普通株との類似性を測定するアプローチを基本としている。

Next

上位語 [ ]• 大別王が百済に使したという事実こそが、そのことを裏書きするものであろう。 決して0ではない。 が、確実ではない。

Next

様々な証拠を合わせると、彼が犯人である 蓋然性は高いだろう。 スポンサーリンク 使い方・例文 では、最後にそれぞれの使い方を、 改めて確認しておきましょう。

Next

この場合は、 「雨になる確実性が高い」ということですね。

Next

ビジネスシーンで上手に活用したいなら、それこそ蓋然性を高めるような使い方をしたいもの。 「蓋然性」の「蓋」は、「蓋 けだ し」と訓読でき、強い確信を表す副詞として使われます。

Next

「蓋然性」の例文3 「一見ではそうだとも思えるが、実現できる蓋然性には乏しいのではないか」 蓋然性は、このような 「乏しい」とも表現することができます。

Next