女性 活躍 推進 法 一般 事業 主 行動 計画。 女性活躍推進法、企業が取るべき対応とは。5つの対応で企業に大きなメリットも

策定した行動計画は、非正社員を含めた全ての労働者に周知し、外部に公表してください。

Next

目標と取組内容・実施時期 当社の課題に対応して、次の3項目の目標を掲げ、取組を行う。 詳しくはをご覧ください。

Next

公表を義務付けている理由は、就職活動中の学生など、 求職者がその会社の女性活躍の状況をできるだけ把握したうえで、企業を選択することができるようにするためです。 「機会提供」と「環境整備」いずれも情報公表 (2020年6月スタート) 上記の法改正に付随しますが、情報公開についても、「機会提供」と「環境整備」両者のカテゴリーから、それぞれ1項目以上を選択して情報公開することになりました。

(参考:厚生労働省『』) 対応しなかった場合、罰則はあるのか 女性活躍推進法は、常時雇用している労働者の人数によって義務付けられているものの、罰則は規定されていません。 和歌山県• 認定を受けた企業は、厚生労働大臣が定める認定マークを商品などに付することができます。

Next

2015年認定• これらが、法改正の4つのポイントです。

Next

中身を見てみましょう。 「一般事業主行動計画」の策定義務の対象拡大 (2022年6月スタート) 4つ目の法改正のみ、施行が2年先の2022年6月となっています。 ・ 産休・育休から復職した女性社員が復帰できない部署・職種はないか ・ 復職した女性が能力発揮できているか(営業職だが顧客対応から外れるなど) ・ 選抜型研修や管理職養成研修等に、子どもを持ちながら就業継続してきた女性たちにも参加機会が与えられているか ・ 職種や雇用形態等の転換制度が適切に活用されているか。

Next